ご 挨 拶


弊社はこのたび投資一任業務に関する内部統制の整備状況について、外部監査人による評価を受け、2016年3月18日に日本公認会計士協会の監査・保証実務委員会実務指針第86号に基づく「受託業務に係る内部統制の保証報告書」を取得いたしました。
今回取得いたしました内部統制の保証報告書は、2015年12月31日現在の投資一任業務における、統制環境、リスク評価プロセス、情報システムと伝達、監視活動、及び投資一任業務に係る統制目的及び内部統制について、その方針と手続が適正に表示され、関連する内部統制が適切にデザインされていることを外部監査人が評価したものです。
弊社は創業以来、運用の独自性を最大限に発揮するため、系列に属さない独立系運用会社として経営の独立性を確保し、業務・業容に応じた適正なコンプライアンス態勢の整備・確立に努めて参りました。
今後も現状に安住することなく、真に顧客嗜好に合致した運用商品を提供するという観点で業務プロセスの改善に努め、投資家の皆様から高い信頼が得られる運用会社を目指して参ります。
引き続きご愛顧下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役会長 中芝 幸一
代表取締役社長 篠原 直人


「受託業務に係る内部統制の保証報告書」取得に関するお知らせ