投資一任業務

投資一任業務について
投資一任業務とは、投資判断の全部または一部を金融商品取引業登録を受けた投資運用業者が投資家から一任されるとともに、その顧客のため投資を行うのに必要な権限(売買の発注など)を委任されて行う業務です。当社は事前にお客様と締結する「投資一任契約」に基づき、お客様に代わりこれを忠実に実行します。


投資一任契約に係わる諸費用について

投資一任契約に係る報酬額については、お客様と個別協議の上決定いたします。
また、投資一任契約に基づく投資実行等に伴う費用(有価証券等の売買委託手数料、投資対象資産が外国で保管される場合の費用、組入投資信託で間接的に発生する費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用等)は全てお客様の負担となります。
なお、報酬および費用の合計額については、契約資産額、保有期間、運用状況等に応じて異なりますので表示することはできません。
詳細は、当社から交付される契約締結前交付書面および契約締結時交付書面にて必ずご確認下さい。


投資一任契約に係るリスクについて
投資一任契約に基づき決定される、その投資対象となる金融商品及びデリバティブ取引等は、様々な指標等の変動の影響を受けます。
従って、投資一任契約の対象者であるお客様の資産は、預金等と異なり元本欠損が生じるおそれがあります。

当サイトは、投資一任業務の特性等についてお伝えすることを目的として、ファイブスター投信投資顧問株式会社が作成したものです。 特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。 また、当サイトは信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保障するものではありません。 当サイトに記載している各事項は、現時点または過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆または保証するものではありません。当サイトの記載内容、数値等については、作成時点のものであり事前の連絡なしに変更されることがあります。