大木レポート


筆者プロフィール
大木昌光(おおき まさみつ)
取締役運用部長兼チーフ・ポートフォリオ・マネジャー

89年日本興業銀行、95年マッキンゼー・アンド・カンパニ 、97年より大手外資系証券、投資運用会社でアナリスト、ファンドマネジャー経験を経て、14年より現職。


2016.06.16     No.0037 コメダホールディングス上場に対する疑念
2016.04.11     No.0036 プレビュー取材禁止で駆逐される「無能運用者」と「なんちゃってアナリスト」
2016.04.04     No.0035 投信の手数料引下げ競争の愚
2016.04.01     No.0034 2016アナリストランキング雑感A…企業アナリスト総合部門の上位アナリスト
2016.04.01     No.0033 2016アナリストランキング雑感@…アナリストにとっての1年の最重要イベント
2016.02.05     No.0032 今期の製造業の業績不振は、「東芝」問題後の監査厳格化の流れを受けた「東芝会計不正ドミノ」の要素も作用しているのではないか?
2015.01.28     No.0031 現在の金融緩和と「北風と太陽」と経済学の限界
2015.01.05     No.0030 年始恒例の株価予想を通じた雑感
2014.10.27     No.0029 「MASAMITSU日本株戦略ファンド」が10月27日から募集開始...弊社初の日本株公募投信です
2014.09.25     No.0028 リアルワールド(3691)上場に際しての感動と考察
2014.09.22     No.0027 遠ざかるメガバンクによる自社株買い…資本規制は想像以上に重い
2014.09.19     No.0026 It "was" a SONY A…サプライズなのは赤字ではなく無配、それ以上の驚きは平井社長の老化
2014.08.28     No.0025 株主フレンドリーの施策が法人税収を減らすリスク
2014.08.25     No.0024 当社で「本物の日本株投信」開始を計画しています
2014.08.22     No.0023 スマートとは思えない「スマートベータ」
2014.08.20     No.0022 ROEという玩具ではしゃぐ市場のお子ちゃまたち…いい加減にせい!
2014.07.31     No.0021 経営者を見た上での企業評価@...外国人経営者の会社は売りかもしれない
     
     
      バックナンバー

※ 当コーナーは、投資家の皆様への情報提供を目的としてファイブスター投信投資顧問株式会社が作成したものです。 当コーナーに掲載する記事の中には、当社設定投資信託をはじめ特定の金融商品を取り上げている場合がございますが、これらの金融商品の売買を推奨・不推奨するものではありません。投資に関する最終判断は、投資家の皆さまご自身でなさるようにお願い致します。また、当コーナーの掲載内容に基づいて行った投資行為の結果については、当社は何ら責任を負いません。
※ 当コーナーの内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
※ 当コーナーの内容に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。