大木レポート


筆者プロフィール
大木昌光(おおき まさみつ)
取締役運用部長兼チーフ・ポートフォリオ・マネジャー

89年日本興業銀行、95年マッキンゼー・アンド・カンパニ 、97年より大手外資系証券、投資運用会社でアナリスト、ファンドマネジャー経験を経て、14年より現職。


「流動性」が鍵となる今年の金融市場
【No.0045】
2019.1.22
昨年後半に、私が運用者として最も心理的恐怖を感じたことは、株式市場における「流動性」の減退であった。7月から8月頃に、まず中小型株について流動性の低下を感じた。多くの銘柄で売却に苦労するのみならず、自分のファンドの取引行為自体が個別銘柄の株価を上下に動かしているという印象を例年になく多く抱いた年であった。それが、次第に大型株にも波及し、10月以降は、通常であれば数分で取引を成立できる銘柄でも、板が薄くて慎重な執行が必要になる局面が散見された。
リーマンショックは、2007年の6月から7月頃が起点であったが、米国投資銀行のトレーディング収益のボラティリティが突如上昇して収益の安定性が失われた時期もその頃であった。そして、その背景には流動性の枯渇があった。その後、クレジットマーケットでサブプライム問題が意識され、高リスクのクレジット商品の買い需要が消滅して、金融市場が崩壊に向かっていったことは記憶に新しい。要は、金融危機の原因か結果かはさておき、流動性の枯渇は、金融危機の重要な要素なのである。
昨年の後半は、中小型株ファンドの成績低迷が目立ったが、それは、株式市場全般の低迷の中で、もともと流動性の低い中小型株の流動性が更に低下し、売りが売りを呼ぶ一方で買いが引っ込んだことで中小型株の株価が大幅に下落したことが一因であった。リーマンショックの時も、特定の外資系ファンドが流動性低下に直面したことで、解約に対応できず、その他のファンドの投資家を含めた多くの投資家が不安心理に煽られてファンドの解約に殺到したことで、ファンドが保有資産の売却に一斉に動いたという事態があった。
2019年は幸いにも株価のリバウンドで始まったが、中小型株を中心に流動性が十分に戻っていないという感覚がいまだに残っている。これは、今年の最大の懸念要因だ。
その意味で、今年は、私は、流動性に最大の注意を払った上での損益の極大化を目指していきたい。このスタンスは、流動性を多少犠牲にした投資を行い、結果的に株価上昇の波に乗るケースに比べてファンドの基準価額の上昇余地は小さくなる。しかし、投資信託については、リターンを上げることが求められていることは当然としても、それ以上に、株価下落と流動性枯渇の中でお客様からの大量解約に直面した時に、ファンド資産を柔軟に換金してお客様の求めるタイミングでお金を返すことも重要なミッションであると考えられる。リーマンショックから10年経過し、昨年後半は世界的に株価が大きな下落に見舞われ、アクティブファンドが運用に苦しむ状況が続いている。
そのように先の見えない環境下だからこそ、個人投資家の皆様には、投信を買うときには、解約したいときに換金できない可能性が高いファンドを選ばない努力を惜しまないで頂きたいと切に願う。

大木 将充


※ 当コーナーは、投資家の皆様への情報提供を目的としてファイブスター投信投資顧問株式会社が作成したものです。 当コーナーに掲載する記事の中には、当社設定投資信託をはじめ特定の金融商品を取り上げている場合がございますが、これらの金融商品の売買を推奨・不推奨するものではありません。投資に関する最終判断は、投資家の皆さまご自身でなさるようにお願い致します。また、当コーナーの掲載内容に基づいて行った投資行為の結果については、当社は何ら責任を負いません。
※ 当コーナーの内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
※ 当コーナーの内容に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。