大木レポート


筆者プロフィール
大木昌光(おおき まさみつ)
取締役運用部長兼チーフ・ポートフォリオ・マネジャー

89年日本興業銀行、95年マッキンゼー・アンド・カンパニ 、97年より大手外資系証券、投資運用会社でアナリスト、ファンドマネジャー経験を経て、14年より現職。


新型肺炎に対する先月のアプローチへの反省と今後の見方
【No.0086】
2020.3.11
先月の「トピックス」で、私は、新型コロナウィルスに関し、
@米中摩擦との比較で影響は限定的、
A米国経済に与える影響が小さいと想定される、
と状況を整理した上で、株価が日経平均2万円割れはなく、「いつでもスタンス変更できる流動性を備えた上で、相応の強気スタンスで臨むべきだ」との考えを示した。
これについては、3月1週目の段階で株価は2万円割れをしておらず、米国経済への影響も現状では軽微という意味で、その見方は必ずしも間違っていなかったように見える。しかし、新型コロナウィルスが3月初旬の段階でまだ収束の兆しを見せていないどころか、懸念が拡大していることについては、見通しが外れたと言わざるをえない。それ以上に、世界的に政策が後手に回り、人災的様相を呈していることは、誤算であった。
今回のエピデミック・パンデミック的な状況は、私の先輩格の方々にとっても経験したことがない事象とのことで、どんなに周囲の方々の知恵を取り込もうと努力しても、それで対応できる状況ではなかった。その意味で、「わからなければポジションを落とす」という、王道の戦略を採るべきであったと反省している。
ただし、弱気一辺倒ではいけないとも考えている。新型コロナウィルスの発信源であり、2月に製造業PMI35.7、非製造業PMI29.6と惨憺たる経済状況を示した中国の株価は、年初来でほぼ横這いと、世界の株価を大きくアウトパフォームしている。また、3月1週目を終えた段階で、中国、台湾、タイ、インドネシア、ベトナムの株価は上昇している。株価が大きく揺れ動いている米国もプラス圏を維持している。
私自身、どのようなポジションを採るべきか、正直なところ大いに迷っている。しかし、今回の暴落で、数少ない救いもあった。1〜2年前との比較でポートフォリオの流動性を高めてあったので、ポジションを容易に拡縮できるようになっている点と、これまで株価が高すぎて買えない銘柄を仕込むことができた点だ。その意味では、2018年12月の暴落の時に、保有銘柄を売るに売れず、だから銘柄入替えが思うように進まなかった時との比較では、本ファンドの状況は、主観的にも客観的にも有意に良い状態にあると考えている。その意味で、年始の2か月に暴風雨に晒されはしたが、ファイティングスピリットは衰えていない。ある創業経営者が、「困ったときには気合と根性」と力説されていた。それを忘れないようにして、投資家の皆様に、有意なリターンをお返しできるように全力で頑張ります。

大木 将充


※ 当コーナーは、投資家の皆様への情報提供を目的としてファイブスター投信投資顧問株式会社が作成したものです。 当コーナーに掲載する記事の中には、当社設定投資信託をはじめ特定の金融商品を取り上げている場合がございますが、これらの金融商品の売買を推奨・不推奨するものではありません。投資に関する最終判断は、投資家の皆さまご自身でなさるようにお願い致します。また、当コーナーの掲載内容に基づいて行った投資行為の結果については、当社は何ら責任を負いません。
※ 当コーナーの内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
※ 当コーナーの内容に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。